BLOG

AEROSMITH / エアロスミス

LINEで送る

1970年にスティーヴン・タイラー(vo)、ジョー・ペリー(g)を中心に ボストンで結成され、73年にデビュー。75年の『闇夜のヘヴィ・ロック』で人気を決定づけ、以後『ロックス』などの名作を発表。

アメリカン・ハード・ロックの代表格となる。

1970年代後半からメンバー交替が続きましたが…84年にオリジナル・メンバーで活動を再開! 87年に『パーマネント・ヴァケイション』で完全復活を遂げたあとは、トップ・バンドの地位に君臨しています。

第一線で活躍するなか、かねてより噂になっていたとおり解散するようです。。。

カントリー音楽のソロアルバムをリリースしたスティーヴンは「RollingStone」によると、米人気ラジオ番組「ハワード・スターン・ショー」で、事実上の解散を肯定したそう。「このバンドを愛している。本当に心からね。否定したいのは山々だが…さよならツアーをやるのは確かだ。潮時だからやるだけだ」とコメントしたそうです。

2017年に事実上の解散ツアーを行う予定です。…状況が変わりましたら、また書き直します。。。

ファンとしては 書き直したい……!!です。

ジョー・ペリーが解散ツアーを承知しているのか尋ねられた際には「う~ん…」と言葉を濁したそうですが。

 

もちろん!当然!欠かさず!長年 ツアーをまわっています。

紆余曲折はあったものの オリジナルメンバーで活動を続けてきたエアロスミス。ライブ来日する度、いつもセットリストが心から楽しみなバンドで、それは本当にオリジナルメンバーの凄さだと思います。

エアロも色々ありましたが… 脱退メンバーの代わりの方が入ると(もちろん嬉しいんです。来日して頂けるだけで。あと参加したミュージシャンもビッグバンドだと凄い方の場合が多いですし…一石二鳥的な気持ちの時もあったり。)  だいたいの作られたセットリスト曲だけを覚えてくる臨時メンバーとは違い、オリジナルメンバーだと 新しいファン思いのためのセットリストなのかな…と 感じさせる日や、オールドファンが涙するような長年ライブでしていなかった曲を急にして下さる日があったりと。。。エアロは 毎回はらはらドキドキのコンサートでした。

2017年のツアーを最後に本当に解散してしまうのか…メンバーの今後の活動から目が離せない状況です。

エアロスミスは、私が ROCKと共に走り抜けた青春が 一曲一曲に詰まりすぎていて…言葉では言い尽くせない感情でいっぱいになります。海外にもよく観に行きました。

一日に何度お会いしても、変わらず優しいお言葉をかけて下さる…素晴らしいミュージシャンです。

サインもツーショット写真もいっぱいあり過ぎますので…また色々ご紹介させて頂きます。

img_0942

 

…いきなりですが、クイズです。

⬆︎今回のメンバー全員のサイン、違和感ありませんか?    よく観て下さい。

気付いた方は、お店でご報告下さいませ。

いいことあるかもです☆

[ヒント] メンバーはスティーヴン、ジョー、トム、ブラッド、ジョーイ…ですね。

 

とくに スティーヴンには思いが強いので、また勝手にペラペラ書く日をつくります。。。

 

******************

大阪 堂島 北新地ビリケン

【 ミュージアムスナック ☆ Star  ☆】

大阪キタの新名所 スナックStarは今宵も明るく楽しくロックに営業しております★

ご予約専用
tel. 080-3836-8939 / star-kitashinchi@i.softbank.jp